スポンサーリンク

【基本料金0円!?】楽天モバイルに対抗!?KDDI(au)がpovoの新料金プラン「povo 2.0」を発表!

povo レビュー・商品紹介

KDDIがpovoの新料金プランである「povo 2.0」を発表しました。(povo2.0公式サイトはこちら)

また、povo 2.0発表に伴い従来のpovo 1.0の新規受付は終了するそうです。

従来のpovoは基本料金2728円でデータ容量20GB、そこにオプションを追加する方式でした。

povo 2.0は基本料金が0円で、データ容量は通話料金は全て「トッピング」から自身で選択するというプランになっています。

本記事ではpovo 2.0のデータ容量のトッピングについて深掘りして解説します。

本記事は以下の人におすすめです!

  • 現在auを使用している
  • 携帯料金を安くしたい
  • au PAYを利用している
スポンサーリンク

povo 2.0とは?

基本料金が0円で必要に応じて、自身でトッピングを選ぶというpovoの新料金プランです。

トッピングの種類はこちら。

データトッピング

povo公式サイトより引用

コンテンツトッピング

povo公式サイトより引用

通話トッピング

povo公式サイトより引用

これらのトッピングから自身に合ったトッピングを選択して、料金を決めていくというスタイルになっています。

データトッピングについて解説

ここでは皆さんが一番気になるであろうデータトッピングについて詳しく解説していきます。

3GBプラン「30日間」

990円(税抜900円)になるので、少し割高です。

ざっくりと計算すると、従来のpovoだと約6.6倍のデータ容量を、3倍の金額で使えることになるので。

データ容量が毎月3GB以内に収まる方は、こちらでもいいと思います。

20GBプラン「30日間」

従来のpovo 1.0の基本料金は1ヶ月で2728円(税抜2480円)でデータ容量20GBとなっていました。

同じ20GBでpovo 2.0はというと、30日で2700円(税抜2455円)となっています。

povo 1.0は1ヶ月で、povo 2.0は30日になるので日数が変わってきますが、povo 2.0が28円安いということになります。

敢えて、今までと変わらない20GBプランを選択はしなくていいと思います。

60GBプラン「90日間」(月平均20GB)

90日で6490円(税抜5900円)のトッピングの場合は、30日に換算すると2163.3円となります。

この時点で、povo 1.0より564円節約できます。

年間にすると6776円となります。

150GBプラン「180日間」(月平均25GB)

180日で12980円(税抜11800円)のトッピングの場合は、30日に換算すると 2163.3円となります。

90日間と同じですね・・・。

月平均は25GBなので使用できるデータ量は増えてますが、それより安くしてくれる方が個人的にはありがたいです。

データトッピングまとめ

20GB近く使う人は60GBか150GBで契約することをおすすめします。

年間6000円って、4人家族だったら年間24000円節約できることになりますからね。

もし3GB以内しか使わないなら、 1GBあたりの金額は高くなりますが、もっと節約できますし。

おそらく楽天モバイルを意識した価格設定にしたのだと思います。

楽天モバイルは20GBが税込み2178円となっているので。

デメリットを上げるなら、契約の最初の方の月に余裕があるからとデータ容量を使いすぎて、途中からずっと速度制限がかかってしまうリスクでしょうか。

楽天モバイルの記事はこちら。

ギガ活について

povo公式サイトより引用

個人的にもっとも魅力的なのが、このギガ活です。詳細はKDDIのHPにて。

簡単に説明すると、日常生活の買い物やサービスを受けることで「データ容量」を追加してプレゼントするよ!というサービスです。

※使用期限内に「povo2.0アプリ」にプロモコードを入力することで利用可能

  1. au PAYのお支払いでデータを「もらう」
  2. お店やサービスの利用でデータを「もらう」

現時点では以下のキャンペーンを実施しています。

1. au PAYのお支払いでデータを「もらう」

店舗・サービス (五十音順)条件データ容量 (有効期間)
ウエルシア500円以上の購入300MB (3日間)
カインズ2,000円以上の購入1GB (7日間)
コナズ珈琲500円以上の購入300MB (3日間)
すき家500円以上の購入300MB (3日間)
ドトールコーヒー500円以上の購入300MB (3日間)
はま寿司500円以上の購入300MB (3日間)
ビッグエコー500円以上の購入300MB (3日間)
ヒマラヤ2,000円以上の購入1GB (7日間)
ベイシア2,000円以上の購入1GB (7日間))
丸亀製麺500円以上の購入300MB (3日間)
menu500円以上の購入300MB (3日間)
ローソン500円以上の購入300MB (3日間)
<対象店舗・サービス (2021年9月13日時点)>

2. お店やサービスの利用でデータを「もらう」

店舗・サービス (五十音順)条件データ容量 (有効期間)
銀座deフットサル500円以上の購入300MB (3日間)
ザファーム7,000円以上の購入3GB (30日間)
サロモン2,000円以上の購入1GB (7日間)
BANANA STAND500円以上の購入300MB (3日間)
Plywood2,000円以上の購入1GB (7日間)
Brooklyn Roasting Company500円以上の購入300MB (3日間)
三島スカイウォーク500円以上の購入300MB (3日間)
夢を語れ 札幌900円以上の購入300MB (3日間)
Reebok2,000円以上の購入1GB (7日間)
<対象店舗・サービス (2021年9月13日時点)>

買い物やサービスを受けるだけで、データ容量がもらえるって神すぎません?

au PAYユーザーであれば、これだけでかなりデータ容量が貯まるのでないでしょうか?

毎日コンビニで昼食の方は、コンビニをローソンにしてau PAYで支払うだけで、300MBのデータ容量貯まります。

もし20日間やったら6000MB(6GB)もらえることになります。

生活しているだけで、6000MBもらえるってやばくないですか!?

そしたら20GBじゃなくて、3GBのプランで十分という方も多いと思います。

このギガ活は是非とも、他のキャリアも取り入れて欲しいサービスですね。

povo2.0のメリット・デメリット

メリット
  • トッピングで自分に合うようなプランにカスタマイズできる
  • 月平均25GBで2163円は安い
  • ギガ活をうまく活用することで安くできる
デメリット
  • 料金プランが人によってはわかりにくい
  • キャリアメールが使いえない
  • 家族割が使えない

おわりに

今回のpovo 2.0は個人的には激アツです。

私はドコモユーザーで先日ahamoに変えましたが、povo 2.0に変更したいくらいです。

ドコモさんお願いです。povo 2.0に対抗したプランを出してください。

既にauユーザーの方は、povo 2.0はとてもいいプランだと思うので、ぜひ検討してみてください。

番外編:auひかりとのセット割はできる?

auの方は【auひかりにすると、かなりお得だったりします。

しかし、povoはauスマートバリュー未対応なので、auひかりとのセット割はありません。

この点はご注意ください。

少し手間はかかりますが

キャリアと固定回線を2年毎に切り替えることで

その都度、キャッシュバックやキャンペーンが適用されてお得になります。

キャリアメールのアドレスが毎回変わるというデメリットもありますが

Gmailなどをメインにすればデメリットもなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました