スポンサーリンク

【Mリーグ 】2021シーズン 開幕2ヶ月(11月)を終えての感想

Mリーグ Mリーグ

皆さん、Mリーグを見ていますでしょうか?

開幕から2ヶ月が経過しましたが、今月も様々なドラマが起きています。

今回は開幕1ヶ月の成績と2ヶ月の成績の比較や気になった選手についてコメントします。

開幕1週間、1ヶ月のコメントを記事の下部に載せておきますので、併せてご覧ください。

スポンサーリンク

チーム成績

こちらが開幕2ヶ月終了時点のチーム成績です。

チームトータルポイントポイント差
風林火山595.4pt-
麻雀格闘倶楽部300.0pt295.4pt
サクラナイツ56.2pt243.82pt
ABEMAS-15.4pt71.6pt
フェニックス-102.9pt87.5pt
Pirates-113.3pt10.4pt
ドリブンズ-176.5pt63,2pt
雷電-543.5pt367.0pt

ちなみにこちらが開幕1ヶ月終了時点のチーム成績です。

チームトータルポイントポイント差
風林火山359.1pt-
麻雀格闘倶楽部42.6pt316.5pt
フェニックス18.5pt24.1pt
ABEMAS11.2pt7.3pt
Pirates3.1pt8.1pt
サクラナイツ-29.1pt32.2pt
雷電-95.4pt66.3pt
ドリブンズ-310.0pt214.6pt

風林火山と格闘倶楽部が順調にポイントを増やしていっています。

逆に雷電はマイナスが500ptオーバーとなっています。

まだシーズンの1/3しか終わっていませんが、マイナスが500ptを超えてしまうと上位に行くのは、かなり厳しいのではと思います。

雷電はこのマイナスをプラス域に持っていくとなると、トップを10回前後必要とするので、早めにある程度は返済しないと、シーズン終盤が厳しい戦いになりそうです。

個人成績

2021/11/30終了時点の個人成績は以下になります。

Mリーグ成績速報(非公式)さんより引用

チーム成績首位の風林火山は全員プラスで勝又選手と松ヶ瀬選手で2位と3位、チーム成績2位の格闘倶楽部は伊達選手と滝沢選手が1位と4位で大きくプラスしています。

やはり2人以上大きく稼ぐ選手がいると、チーム成績は頭1つ抜けてきます。

逆に現在最下位に沈んでいる雷電は、全員マイナスしているという状況です。

ドリブンズは村上選手以外はプラスしているので、なんとか村上選手の復調に期待したい!

また、現状日向選手と岡田選手はトップを取れていません。

トップがなかなか取れないと、トップを取らなきゃと焦りに繋がると思うので、早々にトップを取って落ち着きたいですね。

開幕2ヶ月を終えての感想

個人的に気になった場面や選手についてのコメントです。

KONAMI麻雀格闘倶楽部:伊達朱里紗

とんでもない大物ルーキーです。

瞬間的にですがで、個人成績、最高スコア、ラス回避の全てでトップの現在三冠王です。

さらに、11月18日に今まで同じチームの佐々木選手が持っていたMリーグ最高スコアを抜く10万オーバーの記録をたたき出しました。

以下のドラフト会議の感想や新Mリーガーの紹介記事で厳しいのでは?と言ってたのが見事に外れました。

もちろんまだ開幕2ヶ月で試合数も少なく、麻雀の強さを計る上でのデータとしては不足しています。

それでもここまでの成績を残せるのは、今後に期待できます!

赤坂ドリブンズ:村上淳

10月は3連続箱ラスを食らわされた村上選手ですが、11月の初戦も箱ラスで、まさかの4連続箱ラスです。

しかも、4連続箱ラスの次の試合で今シーズン初トップと思ったら、続く2試合もラス。(うち1回はまた箱ラス)

涙の初トップからまたどん底に・・・いつになったら村上選手へ麻雀の神様は微笑んでくれるのでしょう・・・。

明らかに勝負どころでの当たり牌を掴む割合が高いです。

そこまでおかしい打牌をしているようには見えないので、いつかは復調するとは思いますが、ここまでマイナスするとさすがにメンタルにきそうですね・・・。

ドリブンズの浮上に村上選手の復調は必須だと思うので、めげずに頑張っていただきたいです。

ABEMAS:松本吉弘

今シーズンだけで4回?オーラスで勝又選手に捲られてトップを取り逃しています。

その結果、2着がすでに5回です。

Mリーグはウマとオカがあるので、トップと2着で4万点(40pt)の価値の差があります。

つまり4万点×4回で16万点(160pt)を勝又選手に持っていかれたことになります。

何回も箱ラスを食らっている村上選手に比べたら全然マシですが、オーラスで何回も同じ選手にトップをさらわれるのもメンタルにきそうです・・・。

雷電

雷電ファンの方には申し訳ないですが、私の開幕前の優勝予想通りの成績になってきています。

雷電は手役を主体とした麻雀を打ちますが、Mリーグにこの打ち方は合っていないと私は思っています。

Mリーグは赤ドラがあるので、表ドラも合わせて7枚のドラがあります。

7枚もドラがあるので、平均すると全員1枚はドラ持っています。

さらに立直をしたら裏ドラもあるので、立直して自摸ることができれば、簡単に満貫までは持っていけます。

これを考慮すると、手役より立直を重要視した方がいいです。

手役をこだわって追うのは、もっと終盤の条件戦になってからで、今は少しでもポイントを積み重ねられるように打つ方がいいと思います。

牌×牌Ⅲの発売

ついに牌×牌Ⅲが発売です!

私はⅠ、Ⅱ、Ⅲ全て購入しています。

まりしゃんとおかぴーがとても美しいです。

健全な男子諸君は絶対に購入しましょう。

Mリーグ2021公式ガイドブック発売

今年も公式ガイドブックが発売しています!

これを見ればMリーグの基本的なことを知ることができます。

主に各チーム・選手についての説明と、これまでのMリーグの成績が書いてあります。

また、Mリーグだけでなく、各プロ団体の成り立ちなどの説明もあるため、何で選手によって団体が違うの?と言った疑問も解消できるかもしれません。

過去の振り返り

開幕1週間の振り返り

開幕1ヶ月の振り返り

おわりに

以上が開幕2ヶ月の振り返りになります。

今月は伊達選手が凄まじい成績を残しましたが、12月は誰が爆発するのか!?

また、例年は役満がもう出ている時期ですが、今シーズンは役満聴牌は何度もありましたが和了りまでは至っていません。

そろそろ役満が出るところを見たいですね!

今シーズン初役満が誰になるのか楽しみです!(今シーズン役満出なかったりして)

次は開幕3ヶ月(12月)の振り返りです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました