スポンサーリンク

【Mリーグ】2022-23シーズン ドラフト予想~Piratesは誰を指名する?~

Мリーグ 2022-23 ドラフト Pirates Mリーグ

Mリーグがない日常って暇ですね・・・。

ただそろそろ契約更改が始まり、それが終わるとドラフトというオフシーズンの楽しみが始まります!

契約更改はまだですが、Piratesは規定により選手の入れ替えが必須となっているので・・・

今回は個人的にPiratesが指名するであろう選手を予想します!!!

契約更改が終わって、Pirates以外のチームもドラフトで指名することを名言した際には、その予想もしていきます。

こちらの記事で契約更改がどうなるかの予想もしています。

【2022/06/16追記】

Piratesが契約が6月10日に契約更改について発表し、小林選手、瑞原選手との契約を更新、朝倉選手、石橋選手との契約満了を発表しました。

そのため、2022-23シーズンに向け、ドラフトでは2人の指名が必要です。

※今季よりチーム編成は4人で固定。

https://mobile.twitter.com/unext_pirates/status/1535139699618205698?cxt=HHwWhMC-xYvb9M0qAAAA
スポンサーリンク

Pirates ドラフト指名予想

Piratesはデジタル麻雀で、天鳳などのネット麻雀で実績のある選手を指名する傾向にあります。

朝倉選手は2度の天鳳位に輝いており、昨年度MVPの瑞原選手もプロとしての実績はありませんが、育休中に天鳳をやり鳳凰卓に登り詰め、九段という実績を残しています。

小林選手やおそらく入れ替え対象となる石橋選手も、プロと天鳳位が対戦する天鳳名人戦で結果を残しています。

この傾向から指名選手を予想していきます。

日本プロ麻雀協会:渋川 難波プロ

まず真っ先にMリーガー候補として上がるのは、日本プロ麻雀協会所属で現雀王の渋川難波プロです。

個人的に最もMリーガーになって欲しい半面、最もMリーガーにならないで欲しい(解説のままでいて欲しい)麻雀プロです。

渋川プロと言えば、Мリーグでは主に解説で活躍していて、選手の意図をくみ取りながらの解説に評判があり、論理的なのでとてもわかりやすい解説をしてくれます。

本題に戻って渋川プロを予想する理由ですが

渋川プロは日本プロ麻雀協会に所属しており、2021年には協会の最高峰である「雀王」を獲得しています。

また、タイトルはまだ少ないですが、タイトルの決勝にはよく残っています。

さらに渋川プロはもともとプロになる前にネット麻雀の天鳳で「十段」まで到達しています。

プロになってからの実績、プロになる前の天鳳の実績、解説の評判、知名度、Piratesの傾向でネット麻雀で結果を残している選手を取る傾向にあることからも、渋谷プロが最有力候補だと思っています。

最高位戦日本プロ麻雀協会:水巻 渉プロ

渋谷プロの次に有力と思っているのが、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属している水巻渉プロです。

知名度は少し弱めですが、麻雀プロからの評価がとても高いプロになります。

以下のように、獲得タイトルも複数あり実績も十分です。

  • 第10期マスターズ
  • 第17,22,23期發王位

發王戦は、タイトルに珍しくトーナメント制を採用していて、シード権があっても準々決勝からになります。

その中で3回も獲っているというのは、条件戦に強いという証明になると思います。

また、多井選手は麻雀遊戯王の企画である「Mつく」で、水巻プロをドラ1で指名しています。

その中で多井選手から、「仲間内では最強クラス」、「日本でトップ10に選ばれる」とも発言しています。

Мリーグの通算成績で圧倒的な多井選手が、これほど評価しているプロ雀士ということで、Мリーグでの活躍が大いに期待できます。

最高位戦日本プロ麻雀協会:山田 独歩プロ

独歩プロは最高位戦に所属していますが、天鳳3代目の天鳳位であり、天鳳名人戦の第7期でも優勝している実力者です。

雀風は攻撃型で、もともと天鳳をやっていたときは、守備のことはほぼ考えず、ほぼ攻めのみで鳳凰卓までたどり着いたとどこかで言っていました。

Piratesの過去の指名傾向から見ても、天鳳位というのは指名の後押しになると思います。

個人的には天鳳位だけを集めたチームを見てみたいというのが本音ですがw

日本プロ麻雀協会:矢島 亨プロ

第19期雀王でサラリーマン雀士です。

雀風は攻撃型で、高打点を積極的に狙ったり、仕掛けで牽制するイメージがあります。

1979年生まれなので、現在は43歳ですが、全然40代には見えませんw

趣味がアンチエイジングみたいなので、その効果が発揮されていますね!

矢島プロがMリーガーになれば、若い女性ファンが増えるかも?と思っています。

日本プロ麻雀連盟:齋藤 豪プロ

連盟のリーグ戦では、C2リーグに所属している齋藤プロですが

連盟でありながら、天鳳を隠れてやって第13目天鳳位になるという実力者です。(連盟には麻雀格闘倶楽部があるので、あまり公に天鳳はやりにくい)

初めてプロから天鳳位になったプレイヤーでもあります。

Mリーグルールは連盟のAルール(一発裏ドラなし)より、天鳳ルールの方が近いので、もしかしたらMリーグの方が結果は出せるかもしれないですね!

また牛さんという名前でVtuberもやっています。

雀風は連盟のインタビューで

「特にこだわった雀風はないが、勝つためにやれることは全てやる」

「結果にこだわった打ち方をすれば、過程もついてくる」

と回答しています。

私は2つ目の「結果に~」がとても共感できます。

プロである以上、最もこだわるべきなのは結果(勝つこと)です。

いくら面白くても結果がついてこない麻雀はどうなの?と思います。

誰とは言いませんが、面白い麻雀とか言う前に結果だせよとw

日本プロ麻雀協会:水口 美香プロ

最後は日本プロ麻雀協会所属で、愛称は「みずぐちむ」こと水口美香プロです。

女流プロから選ぶのであれば、水口プロの可能性が最も高いと思っています。

かか
かか

めっちゃかわいい!!!

水口プロは過去のドラフトでも常にドラフト候補言われていて、今回指名がなくてもいずれはМリーガーになる人材だと思います。

水口プロは天鳳で7段ということで、Piratesの指名傾向にあるネット麻雀で結果を出しているという点に当てはまり、とても人気もあります。

人気+結果を出している女流はそこまで多いわけではないので、指名の可能性は十分にあります。

どうでもいいですが、私はこの水口プロの写真が好きです。

まとめ

次期Mリーガーの予想をしてみましたが、果たしてこの中からMリーガー生まれるのか!?

私的には渋谷プロと水巻プロを指名して欲しいです!

既にMリーグ公式から6月10日までに契約継続・満了の決定、7月上旬にドラフトといのが発表されています。

今からワクワクが止まりませんね!!!

いずれはプロ野球のドラフトくらい盛り上がるオフシーズンのイベントになって欲しいです!

Mリーグを最大限楽しむには、ABEMAプレミアムに加入がおすすめです!

過去の試合や熱闘Мリーグも全て見れるようになるので、ぜひ加入しましょう!14日間は無料です!

こちらの記事でABEMAプレミアについても解説しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
ブログランキングに参加しているので
参考になったという方は↓ポチっとしてください!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございました!
ブログランキングに参加しているので
参考になったという方は↓ポチっとしてください!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ PVアクセスランキング にほんブログ村
Mリーグ
スポンサーリンク
\シェアお願いします/
かかBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました